クラウドコンピューティングは、セキュリティとガバナンスの面でも多くの利点を提供します。

  1. セキュリティ: クラウドプロバイダーは、最新のセキュリティ標準に準拠し、データとアプリケーションを保護するための専門的なリソースとツールを提供します。これらは、暗号化、アクセス制御、脅威検知、インシデントレスポンスなどを含みます。また、クラウドプロバイダーは定期的にセキュリティアップデートとパッチを提供し、新たな脅威に対抗します。これらのリソースは、多くの企業が自己保有するITインフラストラクチャに比べて、はるかに優れたセキュリティを提供します。

  2. ガバナンス: クラウドサービスは、企業がデータとアプリケーションの使用を厳密に制御し、規制に準拠するのを支援します。これには、詳細なログと監視、ポリシーベースのアクセス制御、データの保持と削除のポリシーなどが含まれます。これらのツールは、企業が必要なガバナンス要件を満たすのに役立ちます。

ただし、クラウドコンピューティングにもリスクがあります。データのプライバシー、サードパーティのデータ管理、脅威の多様化などの問題を解決するためには、適切なセキュリティとガバナンス戦略が必要です。また、企業はクラウドプロバイダーが提供するセキュリティとガバナンスツールを適切に利用する必要があります。

投稿者: tanishima

株式会社アナログタルの谷島です。