【6点】ホームページ作成依頼の際に、確認が必要とされる事。

ホームページの作成を依頼するに当たって確認すること。

第1は、ホームページを作成する目的

ホームページで何を伝えたいのか、言葉でも、書いた物でもホームページ作成者に伝えてください。出来れば考えを文書にして提供すれば、ホームページ作成者はそれを見ながらホームページの構想を練る事が出来ます。

第2は、ホームページのターゲットを伝える

ホームページ作成者は、依頼者が考えているターゲットが見て、ホームページがターゲットに対して印象に残るように、また見やすいようにデザインします。

第3は、背景のカラーを何色にするか

これはホームページのトップページを見た人が最初に受ける印象として重要です。

言ってみればその個人や会社のイメージカラーと言える色です。業種に合わない色もあるのです。

例えばブルー系統の色は、一般には飲食関係には向かない色と言われています。それはブルーはどうも食欲の増進を促進しない色みたいです。

考えている色を伝えれば、ホームページ作成者は適当なアドバイスをしてくれます。

第4は、色の種類を背景色を含めて何色にするか

これは、個人、会社の業種や営業形態によって一概には言えませんが、使用する色の種類をあまり多くすると、かなり派手でけばけばしくなり感心しません。

大体3色、多くても4色ぐらいが適当と思われます。黒白は文字色として、別枠と考えてもいいと思います。

この色は原色の範囲内であれば全て原色の必要はありません。

それから反対色は避けて下さい。一見目立ちそうですが、どちらも目立って、本来どの分を強調するのかの効果が薄れてしまう事になります。

第5は、使用する文字のフォント、文字体

これはゴシックとか明朝とかですが、専門的になるのでどうしたらいいか分からなければ、率直にその事をお伝えしましょう。ホームページ作成者がいろいろ聞いたうえで提案してくれます。

第6は、ロゴマークや写真、イラスト

ロゴマークや写真、イラスト等があるのでしたらそれを提供し、その中で必ず使用して貰いたいものは、ホームページ作成依頼の際に言っておきましょう。

作成者はその依頼に基づいてそれぞれを効果的に配置、加工する等して提案します。

まとめ

以上、6点を頭においてホームページ作成依頼をしましょう。

また、ホームページ作成は信頼出来る制作会社に頼みましょう。

ワードプレスの超基本的な使い方をレクチャーします。

ワードプレスでホームページを作った方、もしくは興味のある方へ

ワードプレスの使い方を覚えたい!ワードプレスででホームページを使ってみたい!

Webの知識が少ないので、自分にはワードプレスを使いこなせないとお考えの方へ、超基本的なレクチャーをさせていただきます。

「ワードプレスを使ってWEB集客しよう!超基本レクチャー」

ワードプレスってそもそもどんなもの?

WEB集客に興味があって、ワードプレスを使ってみたいけどよくわからない。

ネットで調べてもセミナーに行ってもよくわからない。

そんな方のために、基本事項を網羅したレクチャーを行います。

初心者の方でも理解しやすいようにお話しますので、お気軽にご連絡下さい!

1.ワードプレスって何ですか?

2.ワードプレスのメリットって何ですか?

3.Webサイトを作るのには、ワードプレス以外に何が必要ですか?

4.プログラムがわからないと使えませんか?

ワードプレスの使い方をマンツーマンで指導

マンツーマンで、ワードプレスの使い方をレクチャーします。記事の投稿の仕方、HPの内容の修正の仕方などなど、疑問についてお答えいたします。

個別相談サービスにより、マンツーマンで指導いたします。

ワードプレスで、SEOに強い文章を書く方法

ワードプレスで記事を投稿するときにSEOで気をつけること

ワードプレスを使ってホームページを作成している人は多いと思います。またワードプレスには記事投稿機能があり、ニュースやブログを簡単に投稿することができます。

記事を投稿するときのSEOには、段落分けをして見やすくする、アイキャッチ画像をつかうなど色々あります。

今回は、ワードプレスで記事を投稿するときにSEOで気をつけることに焦点をあててみます。

ワードプレスで記事を投稿するにあたり、SEOで気をつけたほうが良いことがあります。

  • タイトル
  • 見出し1
  • パーマリンクは英数字にする。
  • スニペット(タイトル、表記、キーワード)

タイトル

タイトルにはキーワードを必ず入れましょう。ワードプレスでも、記事投稿の基本的なSEO対策になります。

見出し1

見出し1にもキーワードを入れましょう。見出し1は、HTMLで<h1>タグとなります。<h1>タグにはキーワードを入れておきましょう。

パーマリンクは英数字にする。

パーマリンクは英数字にしておきましょう。日本語で入力すると、他のWEBサイトでリンクを表記したときに文字化けする可能性があります。

スニペット(タイトル、表記、キーワード)

スニペットでは、検索エンジンの検索結果として、記事がどのように表記されるかを設定します。

ワードプレスには「all in one seo」という有名なプラグインがあります。このプラグインをインストールするとスニペットの設定ができるようになります。

終わりに

ワードプレスの投稿機能に絞って、SEO対策について記事を書いてみました。

スニペットでは検索結果の表示を変えることができます。グーグル・サーチ・コンソールを使うと検索結果表示後にどれぐらいクリックされているか、どのようなキーワードで検索されているか解析することができます。

サーチコンソールの解析結果から判断して、スニペットの設定を更新すると、ホームページのアクセスの改善をすることができます。

グーグル・サーチ・コンソールの基本的な使い方については、個別相談サービスでも受け付けております。

30分で、パワーポイントの基本的な使い方を覚えよう!

パワーポイントの使い方を覚えて、セミナーのプレゼン資料が作ろう!

セミナーのプレゼン資料を作るにあたって、頭に入れておくべきことは3つあります。

  1. セミナーの流れと必要なプレゼン資料を把握する。
  2. パワポの基本的な使い方(テキスト、図、画像)を覚える。
  3. セミナーの予行練習

セミナーの流れと必要なプレゼン資料を把握する。

セミナーの流れ プレゼン資料 備考 パワポの使い方
セミナー開始前 表紙 セミナー開始まで、
プロジェクターに表紙を表示させておく
テキスト、画像、図形
セミナー開始 表紙 タイトルコールをしてセミナーを開始する。
自己紹介 自己紹介 自己紹介と今日のセミナーの目的を話す。
セミナーの流れ スケジュール スケージュールを話して時間を共有する。
スケジュール 内容の一覧 何をどういう順番で話すか伝える。
セミナー内容 説明資料 セミナー内容を話す。
*時間配分に気をつける。
予備資料をを作っておき時間調整する
セミナー終了 宣伝 最後に宣伝を少しする。

パワポの基本的な使い方(テキスト、図、画像)を覚える。

最初はパワーポイントの複雑な使い方を覚える必要はありません。

基本的な使い方(テキスト、図、画像)を覚えてしまえば、プレゼン資料を作成することができます。パワーポイントの使い方はエクセルと似ているので直感的に操作できると思います。30分もあれば基本的な使い方は覚えることができます。

セミナーの予行練習

初めてセミナーを開催する人は必ず予行練習をしておきましょう。

  • プロジェクターとパソコンを接続しましょう。
    *windowsでは、コントロールパネルの「ディスプレイ」からプロジェクタの設定変更
  • プレゼンを始めましょう。
    *知り合いに頼んでプレゼンをチェックしてもらいましょう。
  • プロジェクターからパソコンを始めましょう。

終わりに

セミナーを開催すると集客につながります。見込み客と会える機会を、積極的に自分で作ることができます。ぜひパワーポイントの使い方を覚えてセミナーを開催しましょう!

アナログタルでは、パワーポイントの基本的な使い方をレクチャーしています。ご興味のある方はぜひご参加ください。

フェイスブックページの作成と、フェイスブック広告のレクチャー(2コマ90分)

弊社では、フェイスブックページの作成と、フェイスブック広告のレクチャーしています。

弊社のサービスに、個別相談サービスがあります。個別相談サービスでは、Web活用についてマンツーマンでレクチャーしています。Web活用に悩んでいる事業主様の課題を少しでも解決できようにと作ったサービスです。

弊社の個別相談サービスで、一番お問い合わせの多い内容は、フェイスブックを使ったWEB集客についてのお問い合わせです。フェイスブックページを作ってみたい。フェイスブック広告を活用したい。

ファイスブックページの作成と広告の基本的な使い方についてレクチャー

このようなお問い合わせに対応するため、90分2コマで、ファイスブックページの作成と広告の基本的な使い方についてレクチャー致します。

どちらのレクチャーも、1回5000円で承っています。

・FBページの作成と基本的な使い方(90分)
・FB広告の基本的な使い方(90分)

まずは、FBページについて理解しましょう。

フェイスブックページを作成するには、フェイスブックの個人アカウントが必要になりますので事前に用意しておいてください。レクチャーでは、まずフェイスブックページの作成を行います。フェイスブックページ作成にあたり、設定方法を説明いたします。

フェイスブックページを作成した後は、フェイブックの個人アカウントとフェイスブックページの違いを説明いたします。

フェイスブックページを理解して頂いた後には、実際にフェイスブックページの投稿を行っていただきます。

FB広告を始めるための準備

フェイスブック広告を利用するためには、クレジットカード、PAYPALなどの登録が必要になりますので事前に用意しておいてください。*当日はフェイスブック広告の説明を聞くだけでも可能ですので、その場合はクレジットカード等を用意して頂く必要がありません。

FB広告とリスティング広告の違いは?

フェイスブック広告を説明する前に、googleのリスティング広告とフェイスブック広告の違いを説明いたします。2つの違いを理解することで、フェイスブック広告についての理解が深まります。

フェイスブック広告について理解して頂いた後には、実際にフェイスブック広告を使ってその使用方法をレクチャーしていきます。

FB広告の特徴(セグメント)

フェイスブック広告では、その広告対象をセグメントで細く設定できることが特長です。年齢、性別、住所、趣味など様々な広告対象を設定することができます。これらの広告対象の設定についてのレクチャーを致します。

お問い合わせはこちらから

フェイスブックの活用についてのセミナーも各所で開催しています。

フェイスブック広告の基本セミナー@コワーキンススペース、バナナクラスター(千葉県新松戸)
フェイスブック広告の基本セミナー@千葉ラボ(千葉県千葉市)
フェイスブック広告の基本セミナー@あさかし(千葉県柏市)

ホームページ運用、Web集客の月額コンサルを行っています。

ホームページ運用、ワードプレス活用、Web担当者育成、Web集客提案のコンサルテーション

最近では、Web活用に投資を増やしている企業が増えているように感じます。アナログタルにも、Web全体のコンサルテーションを要望する声があります。

アナログタルでは、Web全般のコンサルテーションを行っています。現在請け負っているコンサウテーションです。これら以外のコンサルテーションも請け負っておりますので、お気軽にご連絡下さい。

ホームページの運用

日々のホームページの更新、新しいサービスページの追加などを行います。お客様のWeb担当者になって運用、更新を行っています。

Web担当者育成

お客様のWeb担当者育成をサポートいたします。Web担当者の方がつまずいているポイントや、課題を電話、メールで対応しています。

ワードプレス活用

ホームページにワードプレスを使っている企業が増えています。ワードプレスはCMSというシステムで作られていますので、昔のHTMLで作られているホームページとは複雑さが違います。

ワードプレスを使ってホームページを運用することの、コンサルテーションを行います。SEO対策を行うにもワードプレスの仕組みを知る必要があります。お客様に寄り添う形で、ワードプレス活用の提案、運用を行います。

Web集客の提案

Web集客には様々な方法がありますが、SEO業者に頼むと費用は高額(数十万円〜数百万円)になります。アナログタルでは、高額の費用を請求しない代わりに、基本的なWeb集客についてコンサルテーションします。

ホームページの古い情報を最新に更新します。

ホームページに古いままになっている情報(住所、電話番号、料金体系、廃止したサービスなど)があって困っている方はいませんか?

ブログや、FBページを使ってWebで集客しても、ホームページの内容が最新になっていないと意味がありません。古い情報を最新にして、ホームページを訪れた見込み顧客を混乱させないようしましょう。

アナログタルでは、情報の更新を格安(数万円)で請け負っています。お困りの方はご連絡下さい。

  • 古い情報の変更削除(電話番号、住所、料金体系など)
  • 不必要な内容のページの削除
  • 新しいサービスページの追加

ホームページをリニューアルするほど予算をかけたくない方は是非ご連絡下さい。

「フェイスブック広告の基本的な使い方」セミナー(2015/12/9)を開催します。

ファエイスブック広告の基本的な使い方

フェイスブック広告は1日100円から広告を出せます。

フェイスブックを使って広告を出せるのは知っていますか?1日100円から広告が出せます。広告の出し方も難しくないので、ぜひトライしてみましょう!

フェイスブック広告では、ターゲット(性別、年齢、住所、趣味嗜好)を絞って広告を出せる機能があります。

フェイスブック広告の基本的な使い方についてお話ししたいと思います。

【セミナー】(90分)
1.GOOGLEとフェイスブックの違い。
2.フェイスブックページを作ることのメリット
4.フェイスブック広告の出し方
5.フェイスブック広告の結果検証

【座談会】(30分)
セミナーでの疑問に答えます。質疑、意見交換をしましょう!

【開催日時】
2015年12月9日(水)
19:00~21:00

【会場】
バナナクラスター(コワーキングスペース)
千葉県松戸市新松戸4丁目37野沢天祐堂第2ビル5F

【参加費】
2000円
*施設使用料込みですので、コワーキングスペースは終日ご利用できます。

【定員】
5名

【連絡先】
セミナーのお申し込みはこちらのフォームから申し込んでください。
電話:050-3592-7860 担当:谷島
メール:info@analogtal.com

【講師】
谷島伸一

1977年7月、北海道釧路市生まれ、埼玉育ち、38歳
株式会社アナログタル 代表取締役 谷島伸一

ホームページ:https://analogtal.com/
FBページ:https://www.facebook.com/analogtal

都内システム会社にて、システム開発に従事。プログラマー、システムエンジニアを経験。2012年に株式会社アナログタルを設立し、ワードプレスを使ったWebサイト運用・保守、オフショア開発など、企業のIT活用を幅広くフォローしています。
松戸のコワーキングスペース BANANA CLUSTERにて、「Web活用セミナー交流会」を定期的に開催 しています。

また、こちらの記事で私の紹介をしてもらっています。
http://kari-kari.net/focus/2015/07/post-5.html

柏の朝活「あさかし」で講師をした後に、コワーキングスペース(Noblesse Oblige)を利用してます。

あさかし、FB広告の使い方について

柏の朝活「あさかし」で講師をしました。

今朝は、柏の朝活「あさかし」で講師をしてきました。テーマは「FB広告の使い方」についてです。朝7:30から始まる朝活にもかかわらず、大勢の方に参加していただきました。

あさかしは、各週の金曜日に開催されていて、参加者が持ち回りで自分の得意分野について講師をします。今回の「あさかし」では、私が講師になりました。

テーマは「FB広告の基本的使い方」でした。

FBを使って集客を考えている人が多く、参加者の方々もほとんどがFBページは作成しているようでしたが、FB広告を利用している参加者は誰もいませんでした。

FB広告を出稿することは難しいことでないので、FB広告の基本的な使い方について理解してもらえるよう話をさせて頂きました。

今回は、貴重な機会を頂いてありがとうございました。
FBイベントページのリンクを貼っておきます。

スクリーンショット 2015-11-14 15.50.42

あさかしの後は、コワーキングスペース(Noblesse Oblige)を利用させて頂きました。このブログもNoblesse Obligeで書いています。

コワーキングスペースは色々なところにあるので便利です。今日はここで仕事をします。

Noblesse Oblige

フェイスブック広告の出し方

フェイスブック広告をWeb集客に活用しよう。

Web集客にフェイスブック広告を利用しよう!

Web集客にFBページを利用している方は多いとおもいます。

FBページには、ターゲット(性別、年齢、住所、趣味嗜好)を絞って広告を出せる機能があります。しかも1日100円から広告が出せるんです。FB広告の基本的な使い方について説明します。

まず、フェイスブック広告とはどんなものですか?

フェイスブック広告は、投稿と同じようにウォールに表示されます。

fb広告はウォールに表示

フェイスブック広告はどうやって出しますか?

まず前提条件として、フェイスブック広告はフェイスブックページでしか使えません。個人アカウントにはフェイスブック広告を出す機能がありません。

また広告を出すにはクレジットカード等の登録が必要ですので、アカウント画面から登録しておいて下さい。

FBページの投稿を見てみると、右下に「投稿の広告を出す」というボタンがあります。このボタンをクリックすると、フェイスブック広告の投稿画面に移ります。

投稿のFB広告を出す。

 フェイスブック広告の投稿画面

フェイスブック広告の金額と掲載期間を設定することができます。

フェイスブック広告の金額と掲載期間

右下の投稿画面を押せば、広告が出稿されます。

スクリーンショット 2015-11-20 11.57.16

 ターゲット(性別、年齢、住所、趣味嗜好)を絞って広告を出す。

FB広告の管理画面から「広告を管理」を選択すると、ターゲットの設定ができるようになります。

FB管理画面から「広告を管理」を選択

ターゲットには様々なカテゴリーがあります。地域、年齢、性別、言語、趣味、関心、行動などあります。

FB広告のターゲット指定

柏でジムを展開している会社を例にとります。どのようにターゲットすると良いでしょうか?ターゲットをイメージしてみましょう。

地域に柏を選択、年齢は体力の落ち始める30代を選択、趣味、関心にダイエットを選択すると、「柏のジム」に興味がありそうなターゲットを絞れそうです。

このように自分のサービスにあったターゲット(顧客)を想像して、FB広告のターゲットを絞っていきます。

FB広告を試しに使ってみよう!

FB広告は1日100円から出稿できて、クレジットカードを登録すれば、すぐに始めることができます。自分の顧客のイメージを膨らまして、FB広告を出稿してみましょう!